サービスを下げる。

幹部さんたちの負荷が大きいと思っていたので良い方向と思っています。「授業こそが教師の本文である!」と語りながら、「学校は勉強を教える場ではなく人間関係を教える場だ」と錯誤した事を語り、「成績上げたいなら塾に通え」と本末転倒な事を言う体系で何言ってんだ。少なくとも、部活動は外部委託するようにしないと。(;・ω・)いつまでも、先生方の責任感と忍耐力に、頼ってばかりいられないはずまず、給料を上げてやることからしてはどうだろうか?文科省の存在自体を見直せって。要らないだろこれそもそも。文科省なんか解体して人員が足りてない厚労省へ人を振り分けろって。あと歳入庁も必要なんだからそれこそ文科省なんかいらない。正直、授業はサテライト方式でいいんじゃないかと。個々の理解度を補うのが学校にいる教師、と分担すればずいぶん負担は変わると思うのですが。保護者との対応の窓口を一元化し、保護者と教員の間にワンクッション置けば教員は学習業務に専念できるのでは?

フルリ クリアゲルクレンズ

Comments are closed.