聞こえる場合はどうなるん?

なんつーか、最近の行動が、著作権の保護や、利権のため、ではなくて、「自分の、存在意義を確認or確立するため」にしか見えん。JASRACが無ければ誰も楽曲使用料を払わず、アーティストの収入が激減するでしょ。だからアーティストはJASRACに楽曲を登録する。利用者が事前申告すれば減額などあるのに、ケチるから原価での訴訟になって大損する。もはや著作権という権利の範疇を超えて権利の濫用になっているとしか思えない音楽業界に巣食って金をむさぼっている団体が何を言わんや。今回の主張は正しいが、カスラックが音楽文化の発展に寄与してるとは到底思えない。ただの銭ゲバ純粋な疑問なんだが。店員が仕事中に音楽聴くため、という理由(というか口実?)で音楽流した場合でも金払わなきゃいかんの?だとしたらプライベートで音楽聴くたびに金払う必要になるんだが?( ̄▽ ̄;)(笑)金の亡者にしか見えん(´д`)これが原因でそこら中の店からBGMが流れなくなり、それに伴ってCD等の売上も減るという可能性もある。

ルアンルアン

Comments are closed.